寒緋桜(カンヒザクラ) – 東京で見つけた時季外れな桜

寒空の下、満開に咲く桜

 都内―――
 3月初旬。まだ冬の寒さが残るころ。

 ぶらぶらと都内を散歩していると。

 街路の高木に赤く色づく満開の花。

 何の花だろう?時期的に梅かな?とも思ったが、木肌はどう見ても梅ではない。桜に似ている。

カンヒザクラ

カンヒザクラ

 後で調べてみると、寒緋桜(カンヒザクラ)というらいしい。

 寒緋桜―――

 寒空に緋色に咲く桜。
 緋色のさくら。こんな早咲きの桜があるなんて知らなかった。

寒緋桜の特徴は。。。

 台湾に自生している桜で、園芸用としては主に沖縄を中心に西日本で植えられているらしい。沖縄では、1月末には開花するそうだ。
 この桜、いろんな呼び名がある。
 旧暦の正月頃に咲くことから元日桜(ガンジツザクラ)。
 台湾が原種なので、台湾桜。
 色だけ取って単純に、緋桜。
 あと、順序を入れ替えて、緋寒桜(ヒカンザクラ)とも。

カンヒザクラ

 う~ん、晴れていれば、もう少しいい写真が撮れたかな。。。

 あと、この桜の特徴として、花が下向きに咲くらしい。
 確かに、蜜を取るのが大変そう🐤

カンヒザクラ

カンヒザクラ